なぜあなたはFXで失敗したのか?FXで失敗する人が陥る人間心理の罠とは

 

この記事は3分で読めます 

FXの取引は非常に単純です。

利用者がやることは、好きな通貨ペアを好きなタイミングで売買し、好きなタイミングで決済することだけです。

通貨ペアの取引レートは、上がるか下がるかのどちらかです。

目をつぶって適当に買って適当に売っても、2分の1の可能性で利益が得られるのです。

 

これだけ単純な取引であるにもかかわらず、多くの人が大きな損失を出して続けられなくなったり、稼げないと判断してFXの世界から去っていってしまうのです。

一体なぜFXで成功できる人は少数派になってしまうのでしょうか。

このことには、人間のお金に対する心理が大きく関係しています。

 

プロスペクト理論

人間のお金に対する心理を研究するために、かつて次のような実験が行われました。

 

あなたは次の2つのうち、どちらを選びますか。

A. 100万円がもらえる

B. コインを投げて表なら200万円がもらえるが、裏なら何ももらえない

 

それでは、あなたは次の2つのうちどちらを選びますか。

A. 100万円を失う

B. コインを投げて表なら何も失わないが、裏なら200万円を失う

 
 

この質問はプロスペクト理論と呼ばれる有名な意思決定モデルの元となった実験で、人間のお金に対する考え方を非常に分かりやすく示しています。

この実験では、多くの人が1つ目の質問ではAを選び、2つ目の質問ではBを選ぶことが分かっています。

 

2つの質問では、それぞれAとBの金額の期待値は変わりません。(1つ目は100万円、2つ目はマイナス100万円)

それにもかかわらず、多くの人は1つ目では堅実に100万円をもらうのに、2つ目ではコインという運に任せてまで100万円を失うことを回避しようとします。

 

この実験から分かることは、人間の利益と損失に対する価値観に差があるということです。

利益に対しては、なくなるのは絶対いやだ、少しでもいいから確実に自分の手に収めたいという感情が沸きます。

損失に対しては、損するのは絶対嫌だ、少額でも嫌、運任せでも損するのだけは回避したいという感情が沸きます。

この実験では、期待値は同じであるにもかかわらず、利益と損失に対して別の反応を見せてしまっているのです。

 

本能に従っていてはFXで失敗する

先の実験を、FXに置き換えて考えてみましょう。

今、あなたが買ったポジションが思惑通りに動き、順調に含み益が大きくなっているとします。

あなたは日に日に大きくなる利益にウキウキとしますが、もしかしたら今が最高値で、ここから徐々に下がって利益が少なくなっていくかもしれない、という不安に駆られます。

とにかく利益を失いたくないあなたは、この時点で決済ボタンを押してしまいます。

 

反対に、あなたが買ったポジションが思惑とは逆に動き、含み損が大きくなっているとします。

日に日に大きくなる損失にあなたは不安を覚えますが、もしかしたら今が最低値で、ここから反発していつかは利益になるんじゃないか、という根拠のない期待を抱きます。

なぜなら、人間の本能は損失を恐れており、決済ボタンを押した時点で恐れていた損失が確定してしまうからです。

何よりも忌み嫌う損失を回避するために、根拠のないただの希望にすがり、決済ボタンを押すことをためらってしまうのです。

 

これこそが人間の本能であり、人間心理の大きな罠です。このまま取引を続けていると、FXの世界ではまず失敗の道に進むことになります。

FXで成功する基本的な原則として「損小利大」があります。

これは、一度の取引で損失が発生するときはできるだけ小さく、利益を得るときは大きく稼ぐという意味です。

損失が発生する回数が多くても、1度の利益でそれらを覆せるほど稼ぐことができれば、トータルではプラスになります。

損失を嫌うという本能とは逆の取引方法ですが、FXの世界ではこちらのほうが成功の確率は上がるのです。

 

本能に従った取引をすると、「利小損大」になってしまいます。

少しの利益が出たらすぐに決済してしまい、逆に損失が大きくなっても決済することができず、さらに大きくなったときに耐えきれず泣く泣く損切りすることになります。

利益を出した回数は多いはずなのに、トータルではマイナスになってしまう、これこそが典型的なFXで失敗する取引の仕方なのです。

2分の1で勝てる勝負のはずなのに、なぜか損する人間のほうが多くなってしまう・・・。その原因は、多くの人が人間の本能に従ったまま取引をしてしまっているからです。

 

理屈では分かっていても、本能に逆らって取引を続けるというのは簡単なことではありません。

この問題を解決するために、僕はFXに関してはある種の「枷」が必要なのではないかと考えています。

「枷」とは、FXに取り組む人間の裁量がなるべく入らず、決められたルールの中で取引をするということです。

 

FXの便利な枷 シグナルトレード

本能に逆らうための便利な枷となるのが、”シグナルトレード”という取引手法です。

シグナルトレードとは、企業や個人のトレーダーが配信する指示に従って取引する手法です。

参考記事:FXのシグナルトレードって何?初心者でも簡単に取り組めるシグナルトレードの始め方と魅力を解説

配信で指示されるのは、通貨ペア、参入するタイミング、リミット(利益確定するレート)、ストップ(損切りするレート)です。

ポジションの大きさは各々の資金によって変える必要がありますが、それ以外の取引内容はすべて配信で指示されます。

ここまでの制約があれば、初心者の方でも本能に惑わされて間違った取引をしてしまうことがありません。

 

取引内容を他人に一任することを不安に思う人もいるかもしれませんが、FXは初心者が片手間に分析して成功できるような簡単な世界ではありません。

本当に自らの分析で成功したいなら、専業トレーダーと同等の研究や検証が必要になり、決して本業の片手間で取り組めるようなレベルではないのです。

それが現実的でない限り、プロが既に確立した勝率の高い手法を使うことができて、1日5分程度のわずかな作業で取り組めるシグナルトレードは非常に効率的な取り組み方なのです。

FXをこれから始めてみたい方は、まずはシグナル配信に登録してみることをおすすめします。

 

シグナル配信は多数ありますが、次の配信は無料で登録できるため初心者の方に特におすすめです。

WCtake 投資取引手法

 

まとめ

  1. プロスペクト理論は、人間の利益と損失に対する価値観の違いを示している
  2. FXの世界では利益と損失を平等に判断できなければ冷静な取引ができず、失敗への道を歩むことになる
  3. FXで成功するためには人間の本能に逆らった取引が必要であり、そのための枷を作れるシグナルトレードは非常に有効な取引手法である

 

FXにおいては、人間の感情的な部分が介入すると冷静な取引ができず、成功から遠ざかることになってしまいます。

本能に惑わされることなく、決められたルールで機械的な取引を繰り返すことを意識してFXに取り組んでいきましょう。

 

当ブログおすすめのFX口座

当ブログではFXの入門としてプロの配信の指示通りに取引するシグナルトレードを推奨しており、シグナルトレードに適した口座を紹介しています。

⇒シグナルトレードに最適なFX口座