労働収入の限界と重大な欠陥とは 自由を目指すためには副収入の構築が必須

 

この記事は3分で読めます 

あなたは「収入」というものについて、どれだけ真剣に考えたことがあるでしょうか。

おそらく多くの人が、会社に勤めたり個人で店を経営したりする「労働収入」を最も一般的な収入源と考え、労働収入を稼ぐために勉強したり、今実際に働いていることと思います。

 

自らの労力を消費することで働いた時間の分だけ対価を得られる労働収入は、非常に安定したお金の稼ぎ方であると言えます。

しかし、あなたは次の質問に明確な答えを返せるでしょうか。

「今の仕事を毎日続けて、行き着く先はどこですか」

 

もしあなたが、「たくさんお金を稼いで、会社を辞めて自由になりたい」と少しでも思ったことがあるなら、その目的は今の仕事を続けるだけでは永久に達成することはできません。

今回は、自由を求める人が知っておくべき収入の話について書きたいと思います。

 

労働収入の限界

あなたが自由になりたいという夢を叶えるためには、ずばり今すぐ大金を手に入れるか、この先も働かずして安定した収入が入ってくる仕組みを作ることが必要になります。

どちらにしろ、自由=たくさんのお金を手に入れることで得られるものということです。

そして、たくさんのお金を手に入れるためには、労働収入だけでは限界があるのです。

 

まず一番の問題として、労働収入には得られる金額の上限があります。

なぜなら、人が活動できる時間と労力には限りがあるからです。

休日を返上しても週7日以上は働けませんし、その限られた時間の中でも疲労は溜まるので、常に活動し続けることはできません。

対価を得るために時間と労力を差し出す必要がある以上、労働収入によって短期間で大金を作ることは物理的に不可能なのです。

 

待遇の良い会社に勤めたり、努力して早く昇進することができれば、ほかの人たちよりは高い収入を得ることができます。

しかし、それにもやはり限度があり、「君はよく頑張ったから、明日から給料2倍だ!」などという夢のような知らせが届くことはありません。(2倍でも自由にはなれませんが)

また、基本的に給料が高ければ高いほど責任が大きくなり、求められる能力や労力は高くなり、会社に拘束される時間も長くなります。

結局貰える金額を大きくするために犠牲になるものも増えるので、必ずしも給料が増えることが人生のプラスになるとは言えないのです。

 

「うちの会社では、高い役職でたくさんの給料を貰って、あまり仕事もせず定時に帰っていく人がいるよ」と思った人もいるかもしれません。

そのように一見楽に稼いでいるようにみえる人は世の中にたくさんいますが、その人たちにはある共通点があります。

それは「年配の方」であるということです。

そしてこの事実こそが、労働収入という稼ぎ方の大きな欠陥を表しているのです。

 

労働収入の欠陥

日本の会社の報酬体系は基本的に「年功序列」のシステムを採用しています。

年功序列とは、報酬の評価対象として、仕事の能力や会社への貢献度よりも年齢の大きさを重視するシステムです。

もちろん能力によって昇進やボーナスはあるのですが、社内で年齢が上の人ほど給料が高くなるという基本的な構図は変わりません。

入社したての若者がどれだけ残業して会社に尽くしても、いきなり役員並みの給料まで跳ね上がるということはありえないのです。

 

また、年功序列といっても、ただ年齢を重ねていればいいという訳ではありません。

何らかの理由で入社が遅かったり、長期間に及ぶ休職を経験したことがある人よりは、若いころから休まず会社に尽くしてきた人間のほうが評価されます。

 

この年功序列のシステムによって、人は大きな収入を得るために会社に縛りつけられることになります。

若い頃はどれだけ頑張っても給料が上がらないので、年齢を重ねるまで我慢して働くほかはありません。

一度職歴に穴をあけてしまうとその後の採用や待遇も不利になるため、どれだけ苦しくても仕事を休むという決断はできません。

将来手に入る大金のために現在を犠牲にするのが労働収入の稼ぎ方であり、この方法だけでは若い内に自由を手にするのが不可能だということが分かると思います。

 

安定した収入を確保するという意味では、労働収入が大事な稼ぎ方であることは間違いありません。

でも、自由を目指すという目的のためには、労働収入以外の更なる収入源を作ることが絶対に必要になるのです。

 

本業に負担をかけない副収入”FXのシグナルトレード”

それでは、自由を目指すためにはどのような収入源を作ればいいのでしょうか。

本業の傍らで稼ぐとなると、長時間の作業や、本業に影響が出るほどの労力を掛けることはできません。

そのことから、僕が副収入として適していると考えるのがFXです。

 

ただし、FXと聞くと”不労所得”のイメージが大きいと思いますが、取り組み方によっては必ずしもそうはなりません。

例えば、FXの取り組み方の一つとしてテクニカル分析というのがありますが、これは過去の値動きから今後の値動きを分析によって予想する方法です。

この方法では、過去のチャートにラインを引いて傾向を読み取ったり、インジケーターと呼ばれる過去の値動きを数値化した様々な指標を覚え、それらを駆使した取引手法を確立して、さらに長期間検証していく必要があります。

いわゆる専業トレーダーと呼ばれる人は、これらの作業に膨大な時間と労力を投資して生計を立てているのです。

FX初心者が本業の傍らで挑戦したところでまず成功することはできないでしょうし、この方法で成功するためには労働収入と同程度の労力が必要になると言っても言い過ぎではないと思います。

 

FXで副収入を稼ぐことを考えるなら、専業トレーダーと同じ土俵に上がってはいけません。

時間と労力を掛けない”不労所得”的な収入となり、いかに初心者である自分の考えが介入しない取引ができるかということを重視したほうがいいのです。

 

この考えから、僕が副収入として最適と考えているのが、FXの”シグナルトレード”という取引手法です。

シグナルトレードはプロが配信する指示通りに取引する手法で、通貨ペア、参入タイミング、リミット(利益確定するレート)、ストップ(損切りするレート)まで全て指定されるため、取り組む側の裁量が一切入らないことが特長です。

参考記事:FXのシグナルトレードって何?初心者でも簡単に取り組めるシグナルトレードの始め方と魅力を解説

毎日の配信の指示に従って注文するだけなので、考える必要もなく、1日の作業時間も5分程度で済むため、本業や日常生活に支障が出ることはまずありません。

シグナルトレードは好きなシグナル配信にメール登録すれば今すぐに始められるので、副収入を構築していきたい方はぜひ取り組んでみてください。

 

シグナル配信は多数ありますが、次の配信は無料で登録できるため初心者の方に特におすすめです。

WCtake 投資取引手法

 

まとめ

  1. 自由な人生を目指すのであれば、時間と労力を消費する労働収入だけでは限界がある
  2. 労働収入の欠陥は、年功序列の仕組みによりたくさん稼ぐために会社に縛り付けられ、自由から離れてしまうこと
  3. 自由になるためには副収入を作らなければならない。副収入として、本業や日常生活に支障が出ないFXのシグナルトレードが最適

 

インターネットが発達した現代において、個人がお金を作る方法は昔と比べて格段に増えました。

この利を生かして、ぜひ労働収入以外の副収入を積極的に構築して、自由な人生を目指していきましょう。

 

当ブログおすすめのFX口座

当ブログではFXの入門としてプロの配信の指示通りに取引するシグナルトレードを推奨しており、シグナルトレードに適した口座を紹介しています。

⇒シグナルトレードに最適なFX口座