FXだけで自由な人生は手に入る?自由を目指すために理想的なFXの取り組み方とは

 

この記事は3分で読めます 

このブログにたどりついたあなたは、収入源としてFXに興味があることと思いますが、果たして収入の大きさとしてどれぐらいのものを望んでいるでしょうか。

「ちょっとしたお小遣い程度で良いよ」という人ももちろんいると思いますが、「どうせやるならFXで大儲けして会社を辞めてやる!」と意気込んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

今回はFXで自由になりたいと意気込む人に向けて、僕なりの考え方を書きたいと思います。

あくまでも個人的な考え方ですが、初心者の方は特にFXの大きな可能性ばかりに目がいってしまうことが多いので、一つの注意点として読んでいただければと思います。

 

FXで有利なのは”資金力の大きい人”

FXにかかわらず他のほとんどの投資にも当てはまることですが、もともとの資金が大きい人はそれだけ稼ぐのも有利になります。

投資できる金額が多ければ、成功したときに手にできる金額も多くなるのは必然のことです。

一度の勝負だけなら「負けてしまった、投資額を少なくしておけばよかった」ということもありますが、FXでの成功は勝率の高い手法を長期間継続することにあるので、長い目で見ればやはり投資額は大きいほど有利になるのです。

 

また、資金が大きいことは精神的な余裕にもつながります。

もともとの資金が少ないと、少しの負けで取引が怖くなってしまい、FXを辞めたりさらに見返りの少ない少額での取引しかできなくなってしまいます。

仮に余裕資金だけで1000万円もある人なら、多少の浮き沈みは気にせず落ち着いた気持ちで取引に臨めます。

FXを続けることは金銭面だけでなく精神面での闘いでもあるので、余裕を持って取引できることは成功のための重要な要素なのです。

 

FXだけで自由を目指すのは厳しい

FXには他の投資を上回る大きな可能性があります。

数十万円の資金があれば、レバレッジを効かせて運よく大きな価格変動に乗っかることができれば、それだけで数百万、数千万の利益に膨らませるのも無理なことではありません。

 

しかし、利益の可能性があるならそれと同じだけのリスクもあるのです。

失敗すれば人生が終わってしまうようなリスクを抱えての取引は、投資ではなくただのギャンブルであり、「自由を目指す」とはとても言い難い愚行です。

よくネットでは「10万円の資金からFXで億万長者になりました!」などという広告を見かけますが、仮にそれが事実だとしても、その裏でどれだけの人が涙を飲んでいるか、冷静になって考えてみてください。

 

既にあなたが大きな資金を持っているなら別ですが、おそらく大半の人は本業を頑張ってコツコツと貯蓄し、投資に使えるお金は限られたものであると思います。

限られた資金しか持っていない人がFXだけで自由な人生を目指すのは、あまり現実的なことではないと僕は考えています。

 

FXに掛ける労力を小さくして自由を目指す

それでは、自由を目指す人はFXを諦めたほうがいいのかというと、そういうわけではありません。

FXは取り組み方によって、ほとんど労力を掛けることのない不労所得的な収入源とすることが可能なのです。

FXだけで大金を稼ぐことができなくても、わずかな時間で副収入を作ることができれば、空いた時間で別のビジネスや投資に力を注ぐこともできます。

 

ほとんど労力を掛けることのないFXの取り組み方として、次の2つが挙げられます。

1.スワップポイント

2.シグナルトレード

それぞれの特徴とメリット・デメリットを解説します。

 

スワップポイント

スワップポイントとは2通貨間の金利差によって生じる損益のことです。

例えば金利0.1%と低い日本円を売って、金利1.5%と高めのオーストラリアドルを買って保有しておけば、毎日その金利差額分の利益を受け取ることができます。

この方法は一度参入すればあとは長期間放置するだけなので、”不労”という点では最も優れているFXの手法であると言えます。

 

この手法の最大の欠点は、大きな収入になりにくいということです。

例えば、AUD/JPYを1万通貨買ったとき、1日あたりにもらえるスワップポイントが33円であるとします。

これを3万通貨買って1ヶ月保有した場合、3×33(円/日)×30(日)=2,970円の収入になります。

この金額をどう思うかは個人の判断に任せますが、より大きく稼ごうと思うとそれなりのポジションを持つ必要があり、そうなると為替変動が無視できない額になるため、ギャンブル的要素が強くなってしまいます。

3万通貨の取引でも、AUD/JPYのレートが1円下がっただけで3万円の含み損となるため、スワップポイントで稼いだプラス分など簡単に無くなってしまいます。

 

そのためスワップポイントで稼ごうと考えたら、レートの変動分を上回るぐらいかなり長期間ポジションを持ち続ける覚悟が必要になります。

ポジションをずっと持ち続けるということは、他の手法と比べて価格の急変による損失を受ける可能性も高くなります。

 

シグナルトレード

シグナルトレードは、企業や個人のトレーダーが配信する指示通りに取引する手法です。

例えば、「本日はUSD/JPY円を成行で買い参入、○○円で利確、○○円でストップ」というような指示のメールが、毎日あなたのもとに届きます。

取り組む側は売買のタイミングに悩む必要がなく、配信を受け取るだけでプロと同じ取引をすることができます。

 

指示通りに取引するだけなので1日5分程度の注文作業で済みますが、基本的にシグナルは平日毎日配信されるため、毎日の注文を手間と感じる方にはデメリットと言えるかもしれません。

また、ポジションの大きさについての指示はないため、自分でしっかりとリスクを把握して取引量を調整する必要があります。

参考記事:FXのシグナルトレードって何?初心者でも簡単に取り組めるシグナルトレードの始め方と魅力を解説

 

シグナルトレードが自由を目指すあなたにオススメの理由

この2つの手法を比べたとき、自由を目指すあなたに僕がオススメするのは”シグナルトレード”です。

お手軽さで言えばスワップポイントほど優れた手法はありませんが、利益の期待値が小さいことと、ポジションを常に保有しなければならないことは無視できないデメリットです。

 

シグナルトレードでは、副収入としては大きな利益が期待できます。

例えば当ブログで推奨している無料シグナル配信の「WCTake 投資取引手法」では、2017年の年間配信実績が+1,760pips(pips=全通貨ペア共通の価格変動の単位)でした。

これは、3万通貨の取引で継続していれば、年間で528,000円の利益が獲得できたことを意味します。

WCtake 投資取引手法

スワップポイントと異なり、一つのポジションを何カ月も持ち続けるようなこともありません。

1日5分程度の注文作業で労力もほとんど掛からないため、副収入の構築としてこれ以上効率的なものはないのではないかと思います。

 

FXの成功の大原則は、”ルールに則った取引を長期間継続すること”です。

勝率の高い手法を継続すれば、途中浮き沈みはあっても長い目で見れば利益を積み重ねていくことができます。

あなたがこの先FXでどのような取引をしていくかは自由ですが、シグナルトレードはルールを守った取引に慣れるためにも初心者にとっては最適な手法と言えます。

 

まとめ

  1. FXや投資で有利なのは資金力の大きい人。成功したときに手にできる金額が大きく、精神的にも余裕が持てる
  2. 少ない資金で大儲けしようと思うとギャンブル的要素が強くなり、それで自由を目指すのはリスクが大きく現実的ではない
  3. FXを副収入と考えて労力を掛けないようにすることが望ましい。そのために便利な手法がシグナルトレード

 

すぐにでも自由になりたい!という気持ちは本当によく分かりますが、功を焦って二度と立ち上がれないほどのダメージを受けてしまっては、悔やんでも悔やみきれません。

まずはじっくり堅実に、将来の大成功に向けて着実に収入を構築していきましょう。

 

当ブログおすすめのFX口座

当ブログではFXの入門としてプロの配信の指示通りに取引するシグナルトレードを推奨しており、シグナルトレードに適した口座を紹介しています。

⇒シグナルトレードに最適なFX口座

 

当ブログおすすめのFXシグナル配信

シグナル配信は多数ありますが、次の配信は無料で登録できるため初心者の方に特におすすめです。

WCtake 投資取引手法